2012年12月31日

お正月を迎えるにあたって考えること


大みそかです。私のブログをご高覧頂いている方も、長い記事は止めてくれ、とお考えのことと思います。

子どもの頃は「もういくつ寝るとお正月♪」人間でした。親戚の人と交流することで自分の「価値」や「居場所」を、訳がわからない座標軸上や貸借対照表上に見つけていたのだと思います。

結婚して、東京ディズニーランドで働くようになってから、お正月が大嫌いになりました。年が変わるとすべてがリセットという日本的風習が理解できなかったからです。形式的な年賀状も私は否定していました。今、私に届く年賀状は一枚もありません。

そして今、お正月という文化(文化とは心からの満足するもの)を持つ国は日本しかない、この日本文化は大切にしなくてはならないと思っています。

私はお正月に参加できる人間ではありません。今でも家族とは会えません。それでも、家族や多くの友人たちには、この美しき日本文化を大切にして未来永劫継続させて欲しいと願って止みません。


posted by S・C・ NAKAMURA at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310839156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。