2012年08月29日

さわらびの湯を訪ねて 2012年07月07日


さわらびの湯.JPG

7月6日撮影


公式ホームページ
http://sawarabino-yu.jp/


私は、過去3年間で20回ほどこの地を訪れています。精神や体を休めるためではありません。生きていることを実感し、苦しかった過去を再度悔い改め、WWJD(WHAT WOULD JESUS DO.)イエス・キリストならどうするかを考えるためにやってくるのです。

聖書は、反キリスト者を家に入れてはいけない、挨拶をしてもいけないと教えています。

クリスチャンの安息日である日曜日の夜7時30分頃に読売新聞の門間順平記者はかつての平安の「我が家」を奇襲しました。そしてこう私に尋ねました。

10pほど開いた玄関のドア越しに(顔も見えません。門間記者はしっかりとドアに手をいれていました。私が閉めたら「けがをした」というトラップ、わなを仕掛けていました)「あなたの著書『最後のパレード』に読売新聞に掲載された『うさぎさんありがとう』に似たエピソードが掲載されている。盗用したのか」と。

私は、「江川事件で汚い読売が大嫌いになった人間だ。以降、朝日新聞しか読んでいない。読売新聞とは全く接点がない」

これだけです。この後、21時ころに再び門間記者は現れましたが、私は「寝たことにして」門間記者を追い払いました。

その後、受け取った名刺のメールアドレスに「私は盗用していない」というメールを送りました。

その後、門間記者から以下のメールが届きました。


【読売新聞・門間】お礼とご連絡
2009/04/20 (月) 1:28

メールありがとうございます。

19日は突然、訪問し、とまどわれたことと思います。失礼しました。

一度、お話いただいた後、重ね重ねの失礼を承知で、再度、ご自
宅にうかがいました。20日付朝刊で、今回の件について記事に
させていただく可能性が高まったため、改めて、ご見解を確認した
かったのですが、奥様によると、お休みとのことでした。その旨を、
中村さんにお伝えしていただくよう、奥様にお願いさせていただき
ました。

今回の件は、中村さん以外の方への取材結果を加えたうえで、
20日付朝刊で記事を掲載することとなりました。遅い時間で、お電話
も失礼と思い、メールにて連絡させていただきました。

お含みおきください。

============================
読売新聞 The Yomiuri Shimbun

門 間 順 平(東京本社・社会部)
jump3048@yomiuri.com
社会部:03・3217・8074      
============================

私が送ったメールの正確な内容は門間順平記者に聞いてみてください。

ちなみにこの日、サンクチュアリ出版の鶴巻社長のマンションを襲ったのは夜9時過ぎであったと鶴巻氏から聞きました。たぶん、翌日から我が家に張り込んだ(隣のネオコーポ武蔵野の駐車場に無断駐車していた模様)記者が一回目の取材では不十分として向かったのでしょう。

これだけのやり取りで、翌日には「盗用」と全国報道されました。そして、それからすべてが狂い始め、人権、仕事、家族など全てを失い現在に至っています。実母とも会えない状況です。

聖書より
ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔い改めにいたることを望んでいる。
ペテロ2 3章9節

地獄への道2.JPG


「地獄へ向うものを救いなさい」というキリスト者の使命として、どのようにして「読売ホイホイ」人間を救ったらいいか。この湯につかりながら真剣に考えるのです。

クリスチャンとして教会で証したこと

私は、決して他人の著作物を盗んでいません。
http://dream333.seesaa.net/article/275512635.html

posted by S・C・ NAKAMURA at 20:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
統合失調症だからこんなめちゃくちゃな内容のブログになるんですね
よ〜くわかりました(笑)
心して読むことにします(爆笑)

Posted by 統合失調症 at 2012年09月04日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。