2010年11月26日

東京スカイツリーが世界の笑い物に


マーク・トウェインの警句です。
「災いを引き起こすのは知らないことではない。知らないのに知っていると思いこんでいることである」

ディズニーランドの掟はゲストの夢を壊さないことです。

東京スカイツリーを一つのアトラクションと考えると、設計思想の貧困さが見えてきます。来場者の夢を壊し、現場は大混乱に陥ることは火を見るより明らかです。

以下の条件で、スカイツリーの利用可能者数を算出して見てください。なお、エレベーター乗降時間は各30秒とします。

<引用開始>
エレベーター:地上から350mの高さにある第1展望台まで約50秒間の分速600m40人乗り4台、第1展望台と450mの高さにある第2展望台を結ぶ約40秒間の分速240m40人乗り2台および地下駐車場から第2展望台まで昇降距離464.4m27人乗り業務用2台[8]、その他にも第1展望台内の移動用に1台、タワーの足元の施設に4台がある
<引用終了>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC

この理論的数字に、車イス利用や高齢の方の団体などが利用した場合の低減率を20%とした場合、驚くほどスカイツリーの処理能力が低いことが分かります。

数字を熟知したディズニーランドのスーパーバイザーには即座に理解できますが、実質的には東京スカイツリーはホーンテッド・マンション一つ分位の乗客処理能力しかないのです。

年間利用者数が550万人とも予測されていますが、土日のピーク時間や夕暮れ時から夜景を楽しめる時間帯には、第一エレベーター利用待ちで数時間、上って降りてくるまでその数倍の時間を要する可能性のあるこの「アトラクション」は、お客様でごった返すことでしょう。

団体のバスツアー客が、上がったはいいが降りて来られず、バスの出発時間を守るために非常階段を駆け下りる姿が目に浮かびます。

全国から集まった報道各社の取材陣も多くの待ち利用者の存在により、エレベーターの割り込みもできず困っている姿も目に浮かびます。

チケット販売やテロ防止のための手荷物検査などを考えると、現場は苦情で溢れかえることも予想できます。

駐車場は1,100台収容とのことですが、年間550万人の利用者を考えると少なすぎます。観光客が多い日には、周辺は大渋滞に巻き込まれることでしょう。

私は、三井アウトレットパーク入間がオープンする際に必ず起きる「3種類の渋滞」に対して警鐘を鳴らしてきました。埼玉県入間市の市議会議員に勉強会を呼び掛けましたが、反応していただいたのは五十嵐文彦現財務副大臣だけでした。

http://blog.garachan.com/?search=%C3%E6%C2%BC%A1%A1%B9%EE

三井不動産は東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの親会社であるにもかかわらず、渋滞やパーク運営に関するノウハウは持っていません。来年、倉敷のチボリ公園跡地にオープンする施設周辺でも、三井アウトレットパーク入間以上の大混乱となる可能性もあります。(倉敷の敷地は入間よりも狭く、駅前にあり、さらに高速道路も近いために運営条件は最悪です。高速道路の無料化がなされた後の混雑は想像を絶するものがあります。

三井アウトレットパーク倉敷
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2010/0427/index.html

日本社会は、国民の福祉(幸福)より、商業主義中心に動いています。東京スカイツリーもマスコミは煽りたてていますが、できてみれば「障がい者や高齢者のことを考えていない単なる商業施設」として、世界中からその知恵のなさを笑われることになる恐れがあります。

そうならないために運営会社は今、何をすべきか。東京都は、墨田区は・・・

私たち市民も、マスコミの商業主義に煽られずに、スカイツリーの「実態」を勉強し、災いが生じないようにしなくてはならないのです。(最悪なのは運営会社が赤字経営に陥り、スカイツリーの運営ができなることです。東武だけが損害を被り、電波塔利用業者が笑う、そんな構図でしょう。)

posted by S・C・ NAKAMURA at 15:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

こどものいじめは大人社会の反映


五木寛之著「大河の一滴」より

<引用開始>
孤独癖のある子は、協調性がないと言われてしまう。協調性がないということは反面、個性的であるということなのに、そういう変わった子どもはいじめの対象にされてしまう。
いじめの問題を、子どもは本来、残酷だからとか、いじめによって淘汰されていくんだという人がいるけれど、そうではない。あれは大人の社会の反映です。
<引用終了>

日本の大たちは身分関係で相手の呼び名を使い分けます。上司は時の部下を、長兄は自分の弟妹を、あたかも当然のように呼び捨てにします。彼らは儒教により教化された日本の民衆を、このようにして先ず名前から支配することにより、相手の心までもを支配しようとするのです。

自殺した上村明子さんは「ウエゴリ」というあだ名を付けられていたそうです。お母さんがフィリピン人であるだけに東南アジアの人々の日本人への嫌悪感が高まらないことを祈りたいと思います。

2011年は、小泉政権の誕生、アメリカ同時多発テロと同時に、映画「千と千尋の神隠し」の上映10周年です。
この世のパラレルワールドで「千尋」という名前を支配された「千」が、友愛と献身を学ぶ冒険ファンタジー。子供たちが力強く生き抜くために、映画「千と千尋の神隠し」を全小中学生に観て欲しい、そう願って止みません。
posted by S・C・ NAKAMURA at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

中学生の転落死といじめについて

私の出身地の中学校の生徒が窓から転落して死亡しました。千葉県市川市では中学生の自殺が報じられています。

またもや若い尊い命が失われたことが悔しくてたまりません。

私は、拙書「すべてのゲストがVIP」東京ディズニーランドに学ぶホスピタリティに以下のように記しました。

■なぜ、柵の上に乗ってパレードを見ていると注意されるの?

 ゲストに注意を呼びかけるのもキャストの仕事です。
 トラッシュカンや岩の上に乗ってパレードを観ているゲストを見かけます。ハピネスを体験しにきたのに、落ちて負傷をするようなことがあってはせっかくの一日が台無しになってしまいます。ゲストが怪我をすることが、キャストとして一番悲しいことなのです。パレードも十分楽しんでいただきたいのですが、それ以上に「笑顔で帰って欲しい」のです。自分の家族が危ない行動をとっていたら誰でも注意します。それと同じことなのです。
 ディズニーランドでは一人一人のゲストを、自分の大切なファミリーと考えているからこそ注意できるのです。

<引用終了>

毎日新聞は以下のように報道しています。

狭山署の話
「以前から複数の生徒が廊下の窓側に腰掛けている姿が確認されており、教諭が口頭で注意していたという。同校の栗原博教頭は窓への腰掛けや注意について「1週間くらい前に転落した生徒が同じ場所に腰掛けていたのを別の生徒が注意したことは分かっている。それ以降については今後確認して指導を徹底していきたい」

私は、これまでホスピタリティや安全管理に関する講演で「落ちて怪我することは事故責任ではない。自分の家族や大切な人なら”お願いしてでも”降りてもらうでしょう。」と話してきました。

「失敗学」では子供たちの命は救えません
posted by S・C・ NAKAMURA at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

心の「はーとディスク」を心の湯たんぽに

再び悲しい事件が起きてしまいました。

<引用開始>
明子さんは名字とゴリラの意味を合わせた「ウエゴリ」など、同級生から日常的に心ない言葉を受けていた。
<引用終了>

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010110990071601.html

人間の心には「みんなと同じでありたい」という帰属欲望と、「みんなとは違う自分でありたい」という「自己実現欲望」の二つの大きな欲望があります。

その二つの欲望を満たすために人は誰も人とつながりたいと思うのですが、いつの時代にもそのつながりを意識的に分断し、自分の好き勝手に生きようと「分断工作」する人間がいるのです。

仲間から分断された明子さんの心の「はーとディスク」の中は、きっと投げつけられた石ころでいっぱいになっていたことでしょう。

心の「はーとディスク」に心温めポイントを貯めれば、湯たんぽのように暖かい心になり、周りのみんなにぽかぽかした熱を放つことができるのです。まるでディズニーのキャストたちのように。

筆者の講演内容から

皆さんも何らかの(お買い上げ金額に応じてポイントが貯まる)マイレージカードやポイントカードをお持ちのことと思います。
パソコンには「ハードディスク」という記憶装置があります。 私は、人間には「はーとディスク」という記憶装置があると考えています。その「はーとディスク」に「しあわせポイント」をインプットするのがディズニーランドのキャストの仕事だと、私はそのように考えています。
笑顔での明るい挨拶なら1ポイント、ゲストとの楽しい会話や困っているゲストへの手助けなら2ポイント、ゲストとキャストやキャラクター達が共に楽しさを共有する(ハロウィンパレ-ドのような)エンターテイメントショーなら5ポイントとか・・
ディズニーランドでゲストは、心の「はーとディスク」にたくさんの「しあわせポイント」を貯めていく、そのお手伝いをするのがディズニーランドのキャストの仕事なのです。


posted by S・C・ NAKAMURA at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。